団規約

アレグレット交響楽団規約

第1条(目的)

 本団は、オーケストラ活動を生涯教育の一環として捉え、団員個々の技術向上及び、団員相互の親睦を図り、また、それら演奏活動を通じて社会に貢献することを目的とする。

第2条(活動)

1.本団は、日頃の練習の成果を発揮すべく、次の活動を行なう。

(1)定期演奏会

(2)地域社会、施設のイベントへの参加活動

(3)その他、目的達成のために必要な事業活動

2.本団は、次に関する行為は行なわない。

(1)営利を目的とした行為

(2)特定の政党その他政治団体の利害に関する行為

(3)公の選挙に関し、特定の候補者を支持し、またはこれに反する行為

(4)特定の宗教・教派・宗派・教団を支持し、またはこれに反する行為

(5)公序良俗に反する行為

第3条(役員及び役職)

1.本団は、次の役員をもって組織する。

(1)団長 1名

(2)指揮者 1名

(3)セクションリーダー 各セクション1名

(4)パートリーダー (必要な場合)

(5)コンサートマスター

2.役員の下に、各担当の係を置く。団長と指揮者以外の団員はいずれかの係に属すものとし、各係の中で係長を決め、係長を中心に別表1の分掌に基づきそれぞれ任務を遂行していく。また兼任を妨げない。

(1)総務・庶務係

(2)会計係

(3)楽譜係

(4)人事係

(5)企画係

(6)楽器係

(7)書記・出版係

(8)広報係

3.役員及び各係長で構成される運営委員会を設置する。運営委員会は意見の収集や伝達を効率的に行うと共に、決定事項の透明性を確保することを目的とする。

4.役員及び各係長、係の担当の任期は1年とし、総会を区切りとする。また再任を妨げないこととする。

5.役員及び各係長は立候補または推薦により指名し、総会での承認を得て決定する。

6.運営委員会の傘下に必要に応じ以下の委員会を設置することができる。

(1)中期計画策定委員会
  

団の中長期的な発展や安定的な運営を目的とし設置する。また、中長期的な演奏計画の策定を行う。メンバーは運営委員会メンバーを基本とするが、運営委員以外からも参加することが出来る。

(2)演奏会実行委員会

演奏会の実施にあたり、実務的な運営を円滑にすることを目的とし設置する。
メンバーは運営委員会メンバーを基本とするが、運営委員以外からも参加することが出来る。

(3)選曲委員会

演奏会の選曲を行うための選曲委員会を設置する。メンバーは指揮者、団長、コンサートマスター、セクションリーダーを基本とするが、上記メンバー以外からも参加することが出来る。

7.運営委員会のメンバーの中から議長を選任する。任期は原則として6ヶ月間(

8月~1月・2月~7月)とし、期間中になんらかの事情で任務遂行が出来ない場合には、議長の責任において代理を委任する。議長の役割は以下のとおりとする。

  (1)就任期間中に団の公式な会議が開催される際の、事前の開催通知、メンバーからの議案のとりまとめ

  (2)当日会議の司会進行

  (3)会議後、議事録の作成状況、内容確認と、その後の実施状況の確認

尚、総会前後にメンバーが入れ替わり新任の議長が選任されるまでの間は前任の議長がこの役割を担うものとする。

第4条(総会)

1.総会は、原則として年1回毎年7月に開催する。ただし団の運営スケジュールにより前後することもある。総会は、自主的な運営のもと、全団員過半数の出席をもって成立とする。但し、委任状の提出を持って出席とみなす。

2.総会の次第は次の通りとする。

(1)前年度活動報告及び次年度活動計画

(2)前年度会計報告及び予算案提出

(3)役員及び係長改選

(4)その他の議案審議

3.その他、団長が必要と認めた場合、臨時総会を行なうことができる。

4.年度は7月1日を起算日として1年間とする。

第5条(団員資格)

1.本団の団員は、原則として社会人もしくは学生とし、年齢は不問とする。

2.団の団員登録は、入団届の提出をもって成立する。また休団・退団に関しては、希望する前月末までに自ら届出を人事係に提出し、受理されてからとする。休団 期間は原則3ヶ月以上12ヶ月以内とし、12ヶ月を超える場合にはその都度改めて休団届を提出すること。ただし、状況によっては3ヶ月未満の休団を認める場合もある。

3.入団届への記載内容は「氏名」「Eメールアドレス」「住所」「電話番号」とし、入団後も変更があった場合には人事係に届け出ること。人事係はその情報を元に団員名簿を作成し、個人情報の取扱いに十分に留意し、適正に管理すること。

4.本団は、団員の他に次の項を置く。

(1)賛助者(演奏編成上、団から出演依頼をした者)

(2)準団員(詳細は別途取扱細則にて定める)

5.人事係からの諸連絡に対し、3ヶ月以上本人からの連絡が滞った場合、団長の判断により団員登録を抹消することができる。

6.入団に際しては、入団届の提出より1ヶ月間は仮入団とし、この期間は一切の費用を徴収しない。

  仮入団期間:原則1ヶ月間であるが、特殊楽器や乗り番の少ないパート、また当該期間中の練習回数自体が少ない場合にはセクションリーダーの判断によりこの限りではない

第6条(団費)

1.団の活動費は、団費等をもってまかなうこととする。団員から徴収する団費等は次のとおりとする。 ただし、指揮者については団費等徴収しないものとする。

(1)  団費:毎月3,000円(ただし、休団者からは徴収しない。また、学生について、大学・短大・専門学生は1,500円、高校生1,000円、中学生以下0円とする。なお、20歳未満で就業経験が無い場合に限り1,500円とする)毎月練習日に納める。

(2)演奏会費:演奏会や各行事で必要とされる場合に徴収する臨時金で、金額はその都度決める。

2.団員は、団費の主旨を理解し、必ず納める事とする。納入方法については以下のとおりとする。

(1)納入は原則として現金で所定の納入袋に入れて会計係宛に納めることとする。

(2)納入の際、会計係は納入袋に確認の印鑑を押すこと。また、本人からの依頼があった際には領収書を発行すること。

(3)団費は当該年度分をまとめて前納してもよい。

(4)現金での納入が難しい場合には所定の口座宛に振込んでもよい。ただしその場合納入の事実の証明は本人において行なうこと。また、振込手数料は本人の自己負担とする。

(5)団費の徴収月は、入団日の属する月の翌月(仮入団を終えた月)から起算し、退団日の属する月までとする。


第7条(雑則)

1.この規約の施行に必要な細則は、別に役員が定める。

2.この規約は、総会において追加・変更をすることが出来る。

3.この規約は制定日より発効する。

2009年7月10日 制定

2009年10月25日 改定

2010年7月24日 改定

2011年7月23日 改定

2012年2月11日  改定

2012年7月28日  改定

2012年10月1日 改定


【別表1】係の役割・分担は以下のとおりとする。

(1) 団長

・全体のとりまとめ

・各委員会及び総会の設定・とりまとめ

・制作物のチェック・校正

・外部機関との交渉・調整

・団の運営に関する決定事項の承認

・その他どの係にも属さない仕事など

(2) 総務・庶務係

【位置付け】通常練習及び演奏会における事務的作業を行う係

・通常練習の会場確保

・セクション練習のスケジュール管理

・演奏会までの練習スケジュール管理

・演奏会当日のマネージメント

・その他庶務全般

(3)会計係

【位置付け】団運営に関わる資金の管理

・団費徴収

・演奏会費徴収

・経費清算

・現金・預金の管理

・予算案作成

・決算報告

・演奏会収支報告

(4)楽譜係

【位置付け】演奏会及びイベント使用する楽譜の手配

・楽譜の調達

・原譜及び配布用の譜面作成

・原譜の管理

(5)人事係

【位置付け】楽団内部における情報・人員の管理

  団員情報管理

  SNS、グルスケ案内

  団員名簿作成、管理

  エキストラ管理

  プロフィール情報管理

  人事案の作成

  団規約の更新・管理

  団規約の見直し・提案

  リピーター情報管理

(6)企画係

【位置付け】楽団が行うイベントの企画・運営

  団で行うイベントの企画・運営

  依頼演奏の企画・演出

  冠婚葬祭や転勤、出産、お見舞いなどの贈り物のとりまとめと提案

(7)楽器係

【位置付け】楽器の手配・管理・運搬

  倉庫の管理

  団所有楽器・備品の管理

  レンタル楽器の手配

  楽器運搬の手配

(8)書記・出版係

【位置付け】印刷物の制作・管理・配布及び議事録の作成

  議事録作成

  演奏会に関わる出版物の制作

  演奏会に関わる出版物の配布・展示

  アンケート作成・集計

  演奏会案内送付

  写真撮影

  録音

(9)広報係

【位置付け】対外的な広報活動に関わる活動

  団員募集

  見学者案内

  応募者管理

  HP更新・管理

  ブログ・ツイッター更新

  チラシ挟み込み運営管理

(10)議長

  【位置づけ】団の公式な会議の運営に際し、円滑かつ確実に進行する

  会議の開催通知

  事前の議案とりまとめ、アジェンダ作成

  当日の議事進行、タイムキーピング

  後日の議事録の作成状況、内容確認と、その後の実施状況の確認

【別表2】個人情報の取扱いについて

         団に寄せられた個人情報は、以下の目的に限り使用する。

  練習会場、演奏会会場、楽譜調達機関などを利用する為に先方から提出が求められる場合

  団の広報活動のため演奏会や練習風景の写真をブログ及びホームページに掲載

する場合がある。

全体写真以外の個人の写真については本人の承諾を取ることとする。

管理方法

  各担当係でデータを管理し、必要に応じて利用する係へデータを送付する。送付の際にはセキュリティーのため暗号化して送付する。

  データの利用後はデータの2元化及び情報流出を防ぐため、すみやかに消去す

る。

【別表3】(参考)入団から退団までの流れ

  入団

  (見学)

    

広報係より団の活動内容、規約、などの説明、またセクションリーダーより、

入団希望パートの状況などの説明

    

入団届を広報係に提出

    

仮入団(1か月)SNSグルスケ登録、人事係からの入団意思確認、団費徴収通知

    

入団、団費支払い開始

  休団

休団届の作成、人事係長へ提出、団費納入状況確認

  復団

休団期間の満了の時

    

復団(とくに手続きなし)

休団期間の満了以前の時

    

復団届の作成、人事係長へ提出

  退団

退団届の作成、人事係長へ提出

    

退団日までの団費の納入過不足がある場合は清算


準団員取扱細則


第1条(目的)

1.本細則は、アレグレット交響楽団(以下「本団」と呼ぶ)規約第7条1に基づき、準団員の取扱いに関して定める。

2.本細則に定めた事項については、本団規約の規定によらず、本細則を優先する。

第2条(準団員の定義)

準団員とは、下記のいずれかの条件を満たす者とする。

1.本団の活動において演奏する曲のうち、出演回数が少ない楽器やパートを担当する団員で通常の団員と比較して出演回数が半分以下程度の者。

2.人員の足りないパートにおいて、諸事情により入団ができない者。また準団員は係の負担や総会への出席義務を持たないものとする。

第3条(選曲・出演回数)

本団は活動においての選曲は団の運営計画に添って行う為、準団員は1回の演奏会に出演が無い場合もありうる。

第4条(団費その他の費用)

1.準団員は原則として団費の負担はしない。

2.準団員は原則として演奏会に出演する場合には団員が負担する演奏会費の半額程度を負担する。

3.準団員が個別に負担する必要がある費用について、本団は以下の範囲において負担することがある。

適用にあたっては、個別の事情を考慮し団長の判断により別途指定する。

  費用負担の範囲

  本団活動における楽器の運搬費用(交通費、レンタカー代、駐車場代など)

  本団活動における楽器のレンタル費用

  費用の精算

精算は実際にかかった費用について適時行う。

精算時には領収書やレシートなどそれとわかるものを提出しなければならない。

第5条(雑則)

1.この細則に定めの無い事項、また個別の事情によるに事項については、役員が定める。

2.この細則は、総会において追加・変更をすることが出来る。

                        2012年2月11日制定